へなちょこBayStars

祝・プロ野球開幕。BayStarsのへなちょこっぷりを、今年も盛大グチります。
目指せノムさん!? あそこまで陰湿ではないつもりでございます。
  << May 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
移動日ネタ・多村が2冠狙える位置に
BayStars打線の5番を勤める多村仁選手、ここまで本塁打トップ、打率2位。打点4位はかなり水を空けられているが、2冠が狙えそうな位置につけてます。以前からBayの中軸候補としてずっと期待されつつ、毎年のようにケガに泣かされてきたのが、やっと昨年は通年働いて、本塁打40本の活躍。今年もここまで順調に働いているようです。その割に4番でないのが「?」ではあるんですが、開幕直前にインフルエンザに罹ったらしく(結構ハヤったらしく、他にも何人かが罹ってました)、しばらくスタメンで出て来なかった。BayStarsの開幕失速の大きな原因ではあるんですが、ようやくそれらを取り返すところまで来たようです。ただまぁ、4番を打ってないって所がこういったケガや病気の影響が大きいわけで、チーム内の信頼度ってのは本当の所どの程度なのか。体調管理も重要なスポーツ選手のファクター。そろそろその辺も注意して欲しい選手になったんだよ、自覚持ってね。
| Dr.けん | - | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
天敵かも?渡辺俊介、来年こそ攻略を
結局Marines戦は表・裏とも負け越してしまった。チームの勢いからすれば、当然と言えば当然なんだけど。しかし、恐るべし渡辺俊介。彼の投球術自体も大変なんだけど、彼が投げる日の打線の援護がすごい。前回は18点、今回は満塁本塁打が初回から出て、一発でBayStars戦意喪失気味。まあ、それだけ彼のリズムが良いんでしょうけどね。この辺り、なかなか援護がもらえない三浦も参考にすべき点かも。これで今年のMarines戦は終わったんだけど、来年のために今からスコアラー張り付けて渡辺俊の研究をしておきたいですね。
| Dr.けん | - | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
投手が頑張ると、いいことありますね。
Marines戦2日目は6-2と、結果を見れば快勝と言えそうです。先発吉見が8回
2失点で踏ん張り、例によって「勝ち味の遅い」Bay打線が9回に4得点。この
「点取るまでにやたらめったらと時間がかかる」のは昔っからの特徴で、もう直る
見込みはないんでしょうねぇ。。 確かに投手が頑張っているうちに打線が点取る形にはなってるが、打者2巡目くらいでなんとかならないもんなんでしょうか? まあ
でも、吉見君はやっと働けるようになってきたようです、2年めシーズンの2桁勝利のような活躍を、ぜひ期待してます。
| Dr.けん | - | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
「試合に負ける」典型的な展開
交流戦の2巡目はMarines戦からスタート、その初戦は2-8とぼろぼろ負け。先発の三浦は5つの四球に失策まで絡んで4回で7失点。打つほうはと言えばMarines8安打を上回る9安打を放っておいて、2ラン本塁打の2点のみ。まあ、どうやっても勝てないと思わせるに充分な展開でした。Marinesはさすが6連勝中、今年はこのままパのプレーオフに残ってくるでしょう。BayStarsはと言えば、もしプレーオフがあったにしてもこの状態ではお話にならんでしょうなぁ。。。 三浦がここへきてえらく打たれ始めてきた。日頃からもう少し打線が援護してあげればよかったんだろうけど。せいぜい打撃陣は菓子折りでも持って、お謝りに行っといで。


| Dr.けん | - | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
なんとか逃げ切り、龍太郎初勝利。
Hawks戦第3ラウンド、何とか5-4勝利。序盤に5点取ったBayStars、早い得点は良かったが後が続かず。投手陣の頑張りで逃げ切り、龍太郎初勝利。前回は
ともかくその前の登板でなかなかの内容で、近いうちに勝てるとは感じていたけど結果が出てよかったっす。自由枠入団も3年目、同期で既に実績挙げてる人間も
いる中、遅れてやって来た先発ローテ候補。契約金分の活躍はこれから、期待
してますよ、裏切っちゃイヤよ。
| Dr.けん | - | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
1点差でもやはりかなりの差
Hawks戦2つ目も5-6で連敗。安打数はBayStarsの方が多かったが、チャンスを再々つぶしてるBayStarsと、ワンチャンスをビシっとものにするHawksでは、特に競った展開の日にクッキリを差が出ました。Hawksは得点圏のランナーを3度迎え入れ、BayStarsは6回の1死満塁で死球押し出しの1点だけ。こんな野球では王者となるのはまだまだ… と実感させられますなぁ。せめて3タテだけはされないように頼むよ。
| Dr.けん | - | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
力の差は相当あったようです…
交流戦の最終対戦はHawks、その初戦は1-6。完敗、という感じが否めない。安打数はBayStarsが8、Hawksが11。ただ見た目以上に両チームには差があるように感じます。Hawks先発は自爆骨折の杉内(そのネタはもうやめよう?)、走者を背負っても自信を持って抑えにかかるため、攻略の糸口が見つけられず。対するBayStars門倉は、と言うより守備陣も含めて、走者が出ると四球や失策が出たりで余計に傷口を広げて失点する。日頃から"勝ち慣れてる"チームと"勝ち慣れない"チームとの差がクッキリ出たように感じます。勢いも相手に行ってるみたいだし、あと2戦はもうヤケクソで体当たり、当たって砕けろで行きましょう。この際だ、本当に砕けてもいいぞ?
| Dr.けん | - | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
移動日ネタ・Eaglesが斎藤隆を欲しいとか…
先日、Eaglesがサッパリな戦力をどうにかする方策として、BayStarsで今期(も)
今イチな斎藤隆を獲得したいような記事が出てました。Eaglesが切羽詰ってるのは判るが、正直隆も35歳で峠も越してるような選手。これからどれだけ働けるか、
と言う点ではあまり感心しない選択と思われます、確かに仙台出身だけどね。
で、BayStarsにどのくらい東北関連の選手がいるのか見てみると、投手では隆と
佐々木(宮城)、加藤武治(山形)、1軍経験はあまりないが後藤伸也(宮城)、捕手に
新沼慎二(宮城)。で以上。あら? 学校だけでも、とかを含めると、投手で門倉と
吉見(いずれも東北福祉大)、捕手で小田島(東海大山形→東海大)。。。
この中だと、即戦力になりそうなのは加藤、門倉、吉見くらいか、、、Eaglesよ、
すまん、君らの役には立てそうにおまへん。新人育てて5年後を目指そうね。
| Dr.けん | - | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
祝・黄金新人投手初星、チームは相変わらず…
対Lions第3ラウンドは12-10の激しい打ち合いの中、辛うじて逃げ切りカード勝ち越し。もうちょっと楽に勝てる展開だったのに、中継ぎが崩れるとこうなるといういい見本でした。そしてエラーが点に絡む事が多く、投手自責点合計は10点中6点。
エラー自体はそんなに多くないとは思うが、肝心な場面でのミスが目立ちます。
チャンスに弱い打線、ピンチで四球が多い投手陣もあわせて、「ここいちに弱い
へなちょこ」な感じは健在のようです。明るい話題は先発投手の那須野くん。5回
自責2(失点4)は、まぁまぁてなところだが勝ち星がついたのは良かった。やっと
自由枠新人が初年度から働いた、これからも頼むよ、出番は多いはずだから。
| Dr.けん | - | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
久しぶりに集中打/昨日の意見の検証
Lions第2戦目は7-2と快勝。久しぶりにイニング6点なんて集中打、こういうのを待ってたんですよ、そうそう簡単ではないだろうが、今後もこういう打線の働きを期待してます。Lions河原、移籍後調子が良いから出てくるんだろうけど、セ相手に投げるのははやめといた方が良いと思うのは私だけでしょうか?
さて、昨日は「三浦が負けたら翌日は快勝か」なんて書いたが、気になって調べてみました。すると、三浦登板の金曜は3勝3敗2分け、翌土曜はなんと2勝6敗。で、3勝2分けのあとは5敗、3敗の後が2勝1敗と言うことで、
「三浦が負けなきゃ明日は負け、三浦が負けたら明日は勝つかも」  という結果に。なんか変なジンクスだなぁ。。。
| Dr.けん | - | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年はとことん運がない三浦…
Lions戦の初戦は2-3負け。三浦は3点で抑えたものの2点しか取ってもらえずで、これで2勝3敗と、またもや負け越し。相手投手(ったってパの西口!)にタイムリー打たれたのが効いたとはいえ、本当に打線の援護がもらえない。前回13-1で快勝したとはいえ、こんなにまとめて取るんじゃなくて、どうして満遍なく援護できないもんなんでしょう? まぁ、ローテーションの都合で相手エースと投げ合うことが多いとはいえ、なんか可愛そうになります。球団関係者諸氏、次の契約更改時には、その辺考慮して、給料上げてやって下さい。っで、明日は快勝してしまったりして… ホント、お気の毒デス。
| Dr.けん | - | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
負けるときの典型的なパターン
大阪ドーム3戦目は1-6。打つほうが8安打1点。チャンスは何度も作ったようだが、
点になったのが9回のみ。エンジンがかかるまでが本当に遅いBayStars打線は、
どうやら交流戦期間中は改善される様子がないですなぁ。先発の龍太郎(と書いて
「りょうたろう」と読むそうな)も6回まで2失点で何とか踏ん張っていたのが、
結局7回に4点取られて撃沈。先発2試合目で、ちょっと可哀想な面もあります、
ホント、ちゃんと打ってあげようね。交流戦はあと2カードで一巡、5/20からは
Lions、その後がHawksと強豪が残ってます。この調子だと、あとのカードも
勝ち越しは難しいかな…
| Dr.けん | - | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
早く打ってあげないと、また投手陣が…
大阪ドーム第2戦目は3-4負け。失った点数はすべて四球がらみ、先発セドリックにも問題があったとは思うが、やはりもう少し打線が打ってあげないといかんでしょう。今期は終盤に逆転とかが多いけど、裏を返せば初めからは点が取れないと言うことでもある。投手陣がそれなりに投げてる間に点とって、勝てる試合は拾っていかないとまたエライ目に… あんまり変なこと書いてると、またその通りになるかも知れん、3戦目の先発さん、頑張ってね。
| Dr.けん | - | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
投手陣、もうしばらく耐えてくれ
大阪ドーム初戦は4-1勝利。何だかドカドカ打ってるBufalloes打線を1点に抑えたのは、古巣・大阪Dで先発した門倉投手。最後は欲が出たとのことで、完封を逃したけど、意外とパ相手が水が合ってるのかも。打つほうは本塁打2本で4点、タイムリーが出なかった。もうしばらくは投手陣が踏ん張って戦うことになりそう。特に先発の皆さん、よろしくね。
ところで抑えのクルーン、今日も159Km/h。球場のどよめきを誘ってたけど、私には意外な好反応と見えました、敵チームなのに。大阪Dのファンは、こんなチーム事情(失礼!)でもBuffaloesを応援に来るんだから、結構純粋に野球ファンなのかも。とか思ってしまった。
| Dr.けん | - | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
移動日ネタ・こんなグッズがでています
実は球団公認グッズとしてこんな代物が製作されています。

ウチには1歳半になる娘がいて、嫁さんが「これなら買ってあげてもいいかな」とか言ってくれますが、正直ちょっと悩んでます。ミッキーマウスぬいぐるみのベイスターズバージョン。実はこれでディズニーグッズ第3弾なんだとか。
何でBayStarsなのか? やはり親会社のTBSがプッシュしたのか? それとも各球団の者が出ているのか? 謎が謎を呼ぶ恐るべしグッズのお話でした。
| Dr.けん | - | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
打線が出汁ガラになったか?
Fighters3戦目も勝てず、このカード負け越し。チームへのカンフル剤のつもりか
自由枠ルーキー那須野の初登板先発も実らず、3回までに4失点。ただその後は
6回までを抑えているので、今後の登板が期待できるかも。それより期待できない打撃陣、初戦の13点で息切れしたのか後の2試合で計3点。結果、初戦ドカ勝ちのあとは僅差負け、去年までのへなちょこっぷりを、交流戦に入って思い出してくるとは予想できんかった。次の対戦はBuffaloes戦、合併前のいてまえ打線が復活の兆しを見せてます。せいぜい目一杯打ち合いやって来い。
| Dr.けん | - | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
昨日は失礼なことを申しました…
Fighters戦第2ラウンドは0-1。F5安打、YB2安打。昨日は「明日も点取っとけ」
みたいに言ってたのが、何ともビシビシ抑えられてしまいました。Fightersの
投手は江尻慎太郎、この試合が初完封、どころかぬゎんと初完投。うぬぬ、油断しておった。さすが自由枠で入っただけのことはある。BayStars土肥君も頑張ったんだけどねぇ。Fighters唯一の得点は3塁打のランナーを置いて、セカンドゴロの間の1点だけ… ちょっと相手が悪かった、それもこの日だけ。しゃーない、気持ちを切り替えて3戦目にいきましょう。
| Dr.けん | - | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
打ちも打ったり、やっと番長孝行
仙台から札幌へ移動してのFighters戦、何気にEagles3戦目の中止が移動疲れを緩和できたのか、19安打13点の乱れ打ち。BayStarsのエース、ということになっている三浦に、これまでサッパリ援護出来なかった分までのし付けて得点をプレゼント。正直、そんなにまとめて点取らなくても、毎試合5点ずつ取ってもらう方が… とか思うがまぁ、その辺は相手投手にもよるんで。
パのチームは投手力のいい所と弱い所にくっきり二分されるようです、いい方はMarines、Hawks、Lions。Fightersは残念ながら後者のようですな、折角だからあと2試合もたくさん打っていきましょう。
| Dr.けん | - | 11:50 | comments(1986) | trackbacks(3) |
雨天中止、振替日はいつですか?
Eagles戦第3ラウンドは降雨中止。移動日直前の3連戦には予備日設定があり、
現に交流戦開幕のSwallows=Hawks戦が流れた時は月曜の移動日を使って
消化してました。おかげで両チームは9連戦になっちゃったけど。で、途中の
移動日をチェックしてみたがこの試合を入れられそうな所は見つからず。一応
交流戦終了後に4日ほど予備日があるのでこのどこかということになるんでしょう。
試合開始前の中止決定権は主催者チーム側にあるんだけど、正直Eaglesには
建て直しの日数を差し上げてもいいのかもしれん。立ち直るかどうかは別にして。
| Dr.けん | - | 13:48 | comments(0) | trackbacks(1) |
祝・日本最速記録達成?でいいのかなぁ
Eagles戦第2ラウンドも5-3勝利。抑えに回ったクルーンが、158・159Km/hと
立て続けに出して、日本最速記録を塗り替えたとのこと。と言っても出した本人が
日本人でないのは構わないんでしょうか? 外国人記録と日本人記録は分けておく
方が良いような気がするのは自分だけなんだろうか… それと、タイ記録・新記録と連続投球はどっちもファール。伊良部が清原相手に出したときの158Km/hも確か
ファールだったと記憶してますが、ただ球が速いだけではバットに当てられるん
だなぁ、と今回も実感した次第。でも今度は160Km/hオーバーも出して欲しい
ところです。
| Dr.けん | - | 03:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
Eagles初戦は大勝、悪いがこのまま行こう
注目の新球団、Eagles戦は9-2。途中まではなかなかの勝負になっていたが、6回に一挙7得点。一気に試合を決めてしまった。Eaglesの選手層は、特に投手陣がつらいところ。ここまでの勝敗結果はこのメンツでは致し方ないところでしょう。この際、東北の皆さんには悪いがここで貯金シリーズとして、BayStars打線には復活のきっかけとして頂きましょう。
| Dr.けん | - | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
移動日ネタ・交流戦専用ユニフォームは「あり」か?
交流戦は最初の3連戦が終わって、各対戦とも2勝1敗(または1勝2敗)。まずはどこも拮抗した形にはなっているようです。今後もこの調子で盛り上がっていって欲しいものです。
さて、この交流戦にあたって、知ってる範囲でBayStarsとTigersが交流戦限定ユニフォームを用意しているとのこと。早速BayStarsはMarines戦で着用してましたが、縦縞がなくチーム名も入らず左胸の"B"マークのみ。なんかシンプルすぎてパジャマみたい、とか思ってしまった。Tigersの方は20年ほど前の黄色が入ったユニで、こちらはこの方が好きかな、と。あくまで個人的な趣味の問題ですが。
それよりも気になるのは、交流戦だけユニ変えるのは盛り上げの一環というよりも、「通常の公式戦とは別物ですよ」と宣言されているような気になってしまうこと。普段と同じユニで試合することで、公式戦の延長上のゲームに見えると思うんですが。相手のパのチームにも失礼はないのかな、と言うのは考えすぎでしょうか…
| Dr.けん | - | 13:43 | comments(0) | trackbacks(3) |
ミスター大量得点差にしてやられた、復活なるのか?
対Marines第3ラウンドは、ぬゎんと0-18。"マリンガン打線"に19安打、4本塁打のメッタ打ちに会い、Bay打線はと言えば7安打0封を喰らう圧倒的なボロボロ負け。ある程度ぼろ負けすると、「ま、今日はしょうがないか」と割り切れもするんでしょうが、ここまで完膚なきまでに叩きのめされると、立ち直れるんでしょうか。。
Marines渡辺俊介投手は、例の対楽天26-0の時の1安打完封投手、こんな大量点の中でも0封するとは根性も大したもんなんでしょう。但しヒーローインタビュー内で大量援護してもらえることについて、「日頃の行いがいいからです」とは、
調子乗り過ぎ。次回千葉マリンでの対戦時にあいまみえることがあれば、倍返しとは言わないが、半分の9点くらいお見舞いしてやらんと、ちょっと胸くそ悪い気分。
| Dr.けん | - | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Marines投手陣はそんなにすごいのか!!
交流戦第2戦もこれまた接戦、2-3で惜しくも破れはしたが、連日白熱の好ゲームが展開されているようでなかなか結構です。しかし初日が5安打、この日は3安打、
極端な話、「どうやって2点ずつ取ったんだ?」くらいしか打ててないBayStars
打線。さすがは12球団唯一の防御率2点台を誇るMarines投手陣、昨年までも良いとは思っていたが、これほどとは!! 3戦目も頑張って投手戦に持ち込んでね、
Bay先発投手様。そろそろ息切れの季節だけど。
| Dr.けん | - | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
交流戦も逆転勝ち、上出来です
交流戦の緒戦、案の定観客数は5球場中最低の7000人。神宮が雨で流してるんだから、横浜スタジアムも止めときゃ、って感じもするが、しかし試合自体は白熱してました。清水直行と三浦大輔の投手戦で、最後は小林雅英から逆転サヨナラ。相手投手がいいと、そうは打てないもんだと言うことで、これで4連勝。幸先いいスタートが切れました。東京湾岸決戦、意外と好勝負になる予感。
| Dr.けん | - | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
G戦3タテ雰囲気よく、いざ交流戦へ
Giants戦第3ラウンドは、今期10度目の逆転勝ち(って、全12勝のうちで!)で3タテ、何でもG戦は11年ぶりとか。これだけ逆転しなきゃならないということは、それだけ相手に先行されてるということで、道理で見ていて落ち着かない展開になるわけだ。とはいえ3連勝とはチームの雰囲気もよいでしょう。いよいよ5/6からは交流試合、最初の相手は今をときめくMarines。多分ほとんど誰も注目してないと思われるが(をいをい)、胸借りて、いい試合を。
| Dr.けん | - | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
いい展開でした。Gは相当重症のようだ。
初回に2点、3回に2点、4回に4点。その後チャンスを何度もつぶしたが9回には1点追加で合計9点。点の取り方もまずます良くなってきて、交流戦を前にチーム状態は上向きになって来ました。ただ相手のGiantsは相当悲惨な状態のようで、抑えがダメ、エースがボロボロと投手陣は目を覆うばかり。今年はこのチーム、どこまで沈むのか見ものです。あと1試合で交流戦。今日も準備練習だぁ!! とか言ったら怒られるかなぁ・・・
| Dr.けん | - | 14:02 | comments(5) | trackbacks(0) |
あの展開じゃ、なかなか勝てません普通は
Giants高橋尚がアップアップの状態で、やっとタイムリー2本のみ。取れるとき
ちゃんと点取っとかないといけません。本来なら昨日のG-YB戦はローズ2ランの
2-3で終わってます。試合終盤に抑える気のないGiantsだけに9回3本塁打で
逆転勝ちできたけど、普通の相手なら負けてます。門倉もあの場面、「ホームラン
だけはいかんよなぁ」と言う場面で変化球のすっぽ抜け。肝心な所できっちり
いかないから、開幕からこれまで勝ち星に恵まれないんですね(0勝1敗)。
結果オーライだけど、他のチームには通用しないよ、多分楽天にも。
| Dr.けん | - | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
移動日ネタ・私がWhalesにハマった日0豈完結編
1978年、Whalesが横浜に移った年は、Tigersは後藤次男監督のもと、球団史上初の最下位に向かってバク進中。ちなみにGiantsは1975年が初の最下位なので、Tigersの方が初最下位はあとだった。その後は最下位の常連みたくなってたけど。で、やたらめったら弱かったある日、小6のクラスの中で大勢のTigersファンのクラスメイトの前で、
「今晩Tigersが負けたらTigersファンをやめる!!」
と高らかに宣言。ご他聞に漏れずきっちり敗れたTigers。次の日、友人たちに「Tigersファンやめてどこのファンになるんや?」と聞かれ、白と紺のちょっといい感じのユニにつられて
「大洋や、Whalesファンになる!!」と言い放ち、ここにWhales〜BayStarsファンが誕生しちまったわけです。
さて、記念すべきWhalesファン初日のカードが、横浜でのTigers戦。細かい展開は忘れたがとにかく途中まで8-0で勝っていたのが、終わってみれば8-9でTigersの逆転勝ち。その翌日、「やっぱりTigersファンに戻ろうかな」とか言ったがみんなに激しく拒否され、さらにその後調べてみたら、歴史的にもず〜〜っと弱っちい事が判明。開き直った結果、本日に至るまでBayStarsを見放すことが出来なくなっているわけです。
| Dr.けん | - | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ずいぶんハデにイカレちゃったもんです。
いくら前日に、試合終盤に8点取ってひっくり返したからったって、さすがに2-15からはひっくり返せません。それでも7点はとって9-15。ここへ来て打線は少し活発になってきました。とは言え終盤近くまでほとんど点が入らない、火がつくのがあまりに遅すぎます。とうとう中継ぎ投手の中から炎上する人も出てきたので、交流戦を前に状況はかなり悪いです。1日置いてGiants戦、打線のリハビリはここでやっておきましょ。
| Dr.けん | - | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
こんな試合もできるんだね
7回表まで0-4、あ〜あ、今日もさっぱりだ。と思ったら7回裏に4点、8回裏も4点で逆転勝利。正直「もっと早目に点取っとけよ!!」とも思うんですが、それでもここまでの粘りが出てきたのはなかなかの収穫ですね。ここ最近、と言うか今年の傾向なんだけど、先発が崩れても中継ぎ陣が試合を壊さずに抑えることができてます。後は、打つ方がもう少し何とかなれば、とっとと貯金生活になれるんだけどなぁ。。。
| Dr.けん | - | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |


 SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
.
LINKS
PROFILE
OTHERS